生物多様性保全への対応

生物多様性方針

2014年4月、サンデンは、生物多様性に対する活動をより一層推進していくため、「生物多様性方針」を制定しました。

【考え方】
 サンデングループは、事業活動が及ぼす生態系への影響を認識し、「環境と産業の矛盾なき共存」を目指した活動を展開し、持続可能な社会の実現に貢献する。

【取り組み】
1. 人と自然が共存する事業活動を推進する
2. 生態系に配慮した資源を積極的に利用する
3. 地域と連携・協力しグローバルな視点で活動する
4. 自然の恵みを学ぶ環境教育活動を展開する
5. 活動の成果を広くステークホルダーに発信する

地域と、自然と、共生する サンデンフォレスト

pic1_title

サンデン赤城地区とそこを取り囲むサンデンフォレストは、自然環境と企業活動の共存を目指して、民間で初めて大規模な近自然工法を導入し、建設されました。

現在、小中学生の環境教育の場として、また、地域と自然と共生するモデル工場として、子どもから大人まで幅広い方々にご来場いただいています。

ここでは、サンデンフォレストの特徴的な施設をご紹介します。

太陽光発電

pic1_title

サンデンフォレスト内にある物流倉庫の屋根に、1,440枚のソーラーパネルを設置し、300kWを発電しています。

コンプレッサー事業工場

pic1_title

主に自動車空調用コンプレッサーの部品を生産しています。

ホタルの里

pic1_title

せせらぎには湧き水が流れています。

毎年ホタル観察を行い100匹以上の乱舞を見ることができます。

オオムラサキ・天蚕飼育施設

pic1_title

オオムラサキや緑色のきれいなマユをつくる天蚕を保護・飼育し、子どもたちが観察できる施設です。

自生らんの里

pic1_title

事業造成時に貴重植物を生育に適した場所に移植しました。

ビオトープ

pic1_title

生態系を保護しながら、工場用地内の調整池として活用しています。

環境報告

サンデンの環境のシンボル「サンデンフォレスト・赤城事業所」

~環境と産業の矛盾なき共存を目指して~

 

21世紀の社会は私たち企業にこれまでと大きく異なった役割を求めています。それは社会の一員として持続可能な社会を構築する取り組みに積極的に参加し、責任を果たすことです。サンデングループは、環境について「かけがえのない美しい地球を引き継ぐため」自然環境と積極的にかかわり、共生し、保全や再生を推進しています。

それを具現化したのが「サンデンフォレスト・赤城事業所」であり、「豊かな自然環境との共存を基本に、最先端技術への『挑戦』、次世代事業の『創造』、以って社会への『貢献』を果たすための拠点とする」を基本コンセプトとしました。

2002年の稼働以来、企業の優れた社会貢献活動、継続的な環境アセスメントによる生態系調査等の環境保全活動や環境教育プログラムを実施してきた結果、サンデンフォレストは国内外から高い評価を得ております。 ※評価

これからもサンデングループは「環境と産業の矛盾なき共存」を目指して、確実に行動していきます。

 

pic1_title