環境への取り組み

サンデングループは、1990年に「地球にやさしい企業でありたい」というメッセージを社内報で発信してから、20年以上にわたり、環境への強い思いをもって、環境活動を行っています。サンデングループの環境のシンボル「サンデンフォレスト・赤城事業所」をはじめ、さまざまな取り組みをご紹介します。
外部環境が劇的に変化する現在、私たちはその変化に対応し、それをチャンスと捉えることが必要です。環境の変化、特に気候変動の影響は、事業へのインパクトは極めて大きい問題であり、それに対してどの様な戦略をとるのか、各ステークホルダーからも強い関心を持たれています。
サンデンは2023中期計画におけるビジョンを《環境と快適が調和する豊かな社会の実現のために時代を切り拓き続け、全ての人々から信頼される企業になる》と掲げております。
それを受けて環境ビジョン《サンデングループは事業活動を通じた『環境と快適の調和』を経営の最高課題のひとつとして位置づけ、グローバルサプライチェーン全体で環境負荷の低減に努め、持続可能開発目標『SDGs』に貢献します》を設定いたしております。
これに基づきグローバル社員が一丸となり、ESGの各カテゴリーで貢献していきます。