サンデンのCSR活動

基本的な考え方

サンデングループの企業理念は、関係するステークホルダーに対しての基本姿勢を示しています。これはビジネスとしての「魅力ある製品・システム・サービスをお客様に提供する」ための行動から、「社会から信頼されるための様々な社会的責任を果たす行動」まで、多岐にわたっています。
 「CSR=企業理念の実践」と位置付け、社員一人ひとりが行動することは、企業のサステナビリティに対する取り組みへの期待に応えるものであり、まさに私たちのCSR活動そのものと言えます。特に、本業であるビジネスでは、ビジョンに掲げる「環境と快適が調和する豊かな社会の実現」に向け、「脱炭素社会の実現」に貢献するための事業戦略を積極的に推進しています。
また、新型コロナウイルスの感染拡大とその対応・共生は、大きな社会課題ととらえ、グループ社員やその家族、お客様やお取引先様、地域社会に対するCSR活動として、感染リスク低減に取り組んでいます。

pic1_title

ステークホルダーとのかかわり

当社クループは、お客様、お取引先、株主、社員など、多くのステークホルダーの皆様とのコミュニケーションを大切にし、より深めていきたいと考えています。お客様とは日ごろから展示会や工場案内などを通じて交流を深め、お取引先様とは方針説明会やCSRヒアリングを通じた直接対話を行っています。また、株主の方には適時適切な情報開示とともに、アンケートなどを行い、皆様から貴重なご意見をいただいています。これからも対話を通じたステークホルダーの満足度向上に努めます。

pic1_title