環境会計

事業活動に伴う環境負荷を把握して環境省ガイドラインに沿った「環境会計」を導入・運用しています

環境保全コスト

2018年度の環境保全コストは、下記の通りです。数値には、サンデンフォレストを管理している子会社サンデンファシリティ(株)によるコストを含みます。

                    2018年度環境保全コストの内訳

単位:百万円

コスト分類主な活動内容投資額費用備考
 1)直接的コスト 145.38122.30 
 内訳 ①公害防止コスト 公害防止設備維持・管理
 水質汚濁防止(土壌汚染含む)のためのコスト
 大気汚染の防止のためのコスト
1.3951.69 
 ②地球環境保全コスト 省エネ改善推進プロジェクト費143.3212.75 
 ③資源循環
コスト
 産業廃棄物及び事業系一般廃棄物の処理・再資源化・再利用のコスト 0.6857.71 
 ④その他  0.00 0.16 
 2)間接的コスト ISO14001
 全社的活動にかかる費用
 社外教育・訓練・見学
 その他
 0.0920.29 
 3)製品部品のリサイクル、廃棄コスト 製品・部品のリサイクルのためのコスト
 製品・部品の廃棄のためのコスト
 その他
 0.0023.55 
 4)研究開発コスト 環境R&Dコスト2,768.6841,599.58  
 5)社会活動コスト 事業所内緑化美化のコスト
 環境ボランティア活動に伴う運営費用
 対外的に環境保全をアピールするための費用
 グリーン購入費用
 その他
 0.0139.10 
 6)その他 工業会・業界団体・各種団体への参加費用・会費 0.00 0.00 
小計2,914.321,804.82 
合計4,719.14 

pic1_title

注)環境保全コストには、環境保全投資と環境費用を含みます

マテリアルフローコスト会計(MFCA)

サンデンは2005年度にマテリアルフローコスト会計(MFCA: Material Flow Cost Accounting)を導入しました。MFCAとは、製造プロセスにおける資源やエネルギーのロスに着目して、そのロスに投入した材料費、加工費、設備償却費等の合計を「負の製品コスト」として、総合的にコスト評価を行う原価計算分析の手法です。

2013年度には、社長 山本 より 「MFCAの全社展開」が宣言され、国内製造拠点でMFCAによる現状分析、設計・生産技術を含めた改善立案が精力的に進められました。
これらの活動が高く評価され、2013年11月に 「日本品質奨励賞 品質革新賞」 を受賞しました。

マテリアルフローコスト会計(MFCA)の取組み

■ H17年度(2005年): 赤城事業所、コンプレッサー部品工場
  スクロールコンプレッサー、スクロール部品の加工(切断・鍛造・切削)工程へ導入

■ H19年度(2007年度):サンワ アルテック、八斗島事業所
  SDVコンプレッサー、シリンダーブロックの加工(鋳造・切削・含浸・洗浄)工程へ導入
  ・サプライヤーチェーンに導入し、部品加工をスルーで見たロスの発見

■ H21年度(2009年度):赤城事業所、サンワ プレシジョン
  PXコンプレッサー、ピストンの加工(切断・鍛造・切削・塗装・切削・洗浄)工程へ導入
  ・サプライヤーチェーンに導入し、部品加工をスルーで見たロスの発見
  ・“課題ばらし”手法を用いて、改善施策の検討実施

■ H22年度(2010年度):流通機器事業部、サンデン物流
  店舗用機器の整備、クリーニングサービスの事例
  ・業界全体での資源生産性をシミュレーションした。サービス分野でのMFCA導入は、本件が初めての事例。

■ H22年度(2010年度):サンワファブテック、サンワサーモテック
  店舗用機器・板金工程および熱交換器工程へ導入
  ・板金工程でのネスティング、熱交換部品の部品共通化で見たロスの発見

■ H22年度(2010年度):八斗島事業所 コンプレッサー事業工場 部品加工課
  PXコンプレッサー 斜板工程にて実施。(2005年、コンプレッサー部品工場にて実施した管理者が展開)

■ H23年度(2011年度):サンワテック
  生産品目すべて(ローター、プラネットプレート鋳造、斜版、コア組立)の工程へ導入
  ・プラネットプレート鋳造工程にて、エネルギーのMFCAを実施。

■ H24年度(2012年度): 八斗島事業所 日本MFCAフォーラム WG4
  事業所全体で使用する圧縮エアのMFCAを実施

■ H25年度(2013年度): MFCA 全社展開 社長宣言

■ H25年度(2013年度): 赤城事業所 流通システム事業工場
  自動販売機 扉加工及び搬出部品加工工程へ導入

■ H25年度(2013年度):八斗島事業所 コンプレッサー事業工場
  カーエアコン用コンプレッサー PXタイプ・SDVタイプ

■ H25年度(2013年度):八斗島事業所 エアコン工場
  インタークーラー工程

■ H25年度(2013年度):赤城事業所 コンプレッサー部品工場
  STR可動渦巻

■ H25年度(2013年度):サンワテック
  ローター工程(再)

■ H25年度(2013年度):日本品質奨励賞 品質革新賞 受賞

■ H26年度(2014年度):旭産業
  鋼板ローター

■ H26年度(2014年度):赤城事業所 コンプレッサー部品工場
  電動コンプレッサー部品

■ H29年度(2017年度):サンワファブテック 前橋工場
  塗装鋼板の歩留まり改善STEP2。(発散した材料サイズを集約)

■ H30年度(2018年度):サンデン・リテールシステム 自動販売機事業
  取引先様の樹脂部品の歩留まりを協業で改善