ニュースリリース

2020

サンデン、アルゴグラフィックス・NECと連携し、グローバルで設計・生産プロセスを一元管理するPLMシステムを導入
2020年08月19日

 サンデンホールディングス株式会社(本社:群馬県伊勢崎市、代表取締役 社長執行役員:西 勝也 以下、サンデン)は、株式会社アルゴグラフィックス(本社:東京都中央区、代表取締役会長 兼 CEO:藤澤 義麿、以下アルゴグラフィックス)と日本電気株式会社(本社:東京都港区、代表取締役 執行役員社長 兼CEO:新野 隆、以下 NEC)と連携し、設計・生産のプロセスをグローバルで一元的に管理するPLM(Product Lifecycle Management)システムを今月より導入しました。これまで世界各地の拠点ごとに管理していたCADデータや部品表等のデータをPLMで集約して管理することで、プロセスの全社標準化、設計工数の削減、在庫管理の適正化や調達コストの削減などを実現します。本システムは今月より国内拠点にて本稼働し、今後順次海外拠点に展開します。


 製造業では、ICTの活用により設計や生産技術のデジタル化とプロセス変革を推進し、国際競争力を強化していくことが喫緊の課題となっています。とりわけ、サンデンでは、従来、世界各地の拠点ごとに設計・生産に係るデータを管理しており、設計から生産に至るプロセスの効率化やデータの一元的な管理による在庫の適正化が大きな課題となっていました。そこで、サンデンはアルゴグラフィックスとNECと連携し、設計・生産のプロセスをグローバルに一元的に管理する新しいPLMシステムを導入し上記課題の解決に取り組みます。
 また、本システムは、海外からのアクセスを考慮してクラウド環境で構築しており、グローバルで一貫した新モノづくりプロセスを確立します。サンデンは、本システムをグローバルで活用することで、経営効率・顧客価値向上の加速化に一層取り組みます。


 【各社役割】
アルゴグラフィックス:
CADデータ・図面・設計部品表など、開発・設計用のデータをグローバルで一元管理し、チームでの設計開発業務を効率化するPLM「3DEXPERIENCEプラットフォーム(スリーディーエクスペリエンスプラットフォーム)」及びインフラストラクチャー(クラウド環境)の構築、運用をサポート。
https://www.argo-graph.co.jp/solution/enovia-3dexperience.html
*3DEXPERIENCEはアメリカ合衆国、またはその他の国における、ダッソー・システムズまたはその子会社の登録商標または商標です。


NEC:
図面・仕様書・設計部品表の他、各拠点生産部品表・案件情報・生産技術情報など、製品ライフサイクル全般に渡る技術情報を一元管理するPLMソフトウェア「Obbligato(オブリガート)」を導入し、グローバルで設計・生産をつなぐ基盤の構築、運用をサポート。
https://jpn.nec.com/obbligato/


 デジタルトランスフォーメーションが急速に進展する中、サンデン・アルゴグラフィックス・NECは、先進ICTを活用し、設計から生産に至るものづくりプロセスの変革を推進します。