業績予測

2022年12月期連結業績予想


  売上高につきましては、世界各地域における新型コロナウイルス感染症の再拡大や半導体・樹脂部品の世界的な供給不足および物流の混乱に伴うサプライチェーンの不安定化による顧客の減産影響等の不確実要素もありますが、中国および欧米での市場回復を想定し、161,000百万円といたします。
 営業利益につきましては、部品の供給不足、物流の混乱に伴う物流費高騰や、事業再生計画を確実に遂行するための費用等の計上により、営業利益△5,000百万円といたします。
 経常利益および親会社株主に帰属する当期純利益につきましては、中国の持分法適用関連会社の投資利益の計上等を見込み、経常利益△3,500百万円、親会社株主に帰属する当期純利益△3,700百万円といたします。
 なお、2022年12月期の為替レートは、1US$=110.00円、1EURO=130.00円を想定しております。