環境負荷低減に向けた取り組み

環境負荷低減のための設備投資

サンデンでは、環境負荷低減のための設備投資に取り組んでいます。

工場の設備コストの約6割を占める「ろう付け炉」において、新たな生産システムの導入に向けた産官学連携の研究開発を進めています。ここでは世界初となる製品の温度可視化センシング技術の確立や、AIによる個別製品温度制御の導入などを目指しており、これにより生産性1.5倍、電気消費量30%削減などの効果が期待できます。

pic1_title

省エネルギー事例

八斗島事業所

問題点

今までのラインは長距離のベルトコンベアを使い、ラインの中でも大きな電力ウエイトを占めていた。環境負荷低減のため、この電力消費削減が必要と考えた。

改善

ライン長を短くするため、製造設備の小型モジュール化を進めて直線的に配置。最短距離のベルトコンベアとする事で、距離を25%に縮めた。

pic2_title

効果

ライン全体の電力の18%,約14kWの電力削減を達成。

pic1_title