ニュースリリース

2018

サンデン ボトルワインを酸化させずに保管するワインセーバー WHYNOT 新発売
2018年05月15日

 サンデン・リテールシステム株式会社(以下、サンデンRS 東京本社:東京都千代田区 代表取締役社長:森益哉)は、ボトルワインを酸化させずに保管が可能なワインセーバー WHYNOT(ワイノット)を2018年5月15日から発売いたします。


WHYNOTの最大の特徴は、ボトルワインを酸化させずに保管する仕組みです。通常、ボトルワインはコルクを抜いた瞬間から酸化が始まってしまいますが、WHYNOTでは抜栓からグラスに注ぐ瞬間まで全ての工程を無酸素環境下で行うことによりワインの酸化を極限まで防ぐことが出来ます。


加えて、清掃部品は簡単に取り外しすることができるため、メンテナンスも手軽に行えます。


本製品はボトルワインのグラス販売を可能にするためレストランやワインバー、ワインショップなどのあらゆる業態でその効果を発揮します。


サンデンRSは、WHYNOTを海外でも同時に販売し、世界中のお客様に新しいワインの楽しみ方を提供していきます。




WHYNOTの特徴


1.ワインの酸化を防ぐ仕組み
WHYNOTは抜栓からグラスに注ぐ瞬間まで全ての工程を窒素で封じることで無酸素環境を作ります。これにより最後の一滴まで抜栓時と同じ品質を保持することが出来ます。



2.ボトルワインのグラス販売
ボトルワインは抜栓した瞬間に空気に触れて酸化が始まってしまうため抜栓後はその日の内に飲みきる必要がありました。
WHYNOTでは抜栓後でもグラスに注ぐ瞬間まで酸化を防ぐことが出来るためボトルワインのグラス販売が可能になります。
レストランでは料理に合わせたグラスワインを、ワインショップではロスのないワインのテイスティングを、ワインバーではお客様一人ひとりに合ったグラスワインを提供することが出来ます。


3.ワインに優しい自重方式
WHYNOTは自重でワインを注ぐため他社のワインセーバーに比べワインに負荷が掛からず自然な味わいを楽しむことができます。また年代物のワインではWHYNOTの専用コルクに付け替えた後、簡単に澱(おり)を取り除くことが出来ます。


4.設置先に応じた演出
製品前面のLEDが5色、計9パターンの設定が可能なため設置先の雰囲気に応じた演出が出来ます。


5.スペースを取らないコンパクトなボディ
小さいスペースにも設置して頂ける様コンパクトなボディを設計しました。また抽出時以外は通常のボトルワインと同様にワインセラーやカーヴに保存可能です。WHYNOTでは1台でキープできるボトルワインの数に限りがないため手軽に本格的なグラスワインサービスを導入頂けます。


6.清掃作業が簡単
清掃部品の取外し取り付けが容易ですので、メンテナンスが手軽に行えます。


製品概要


  【価格】
   WHYNOT  オープンプライス
   *チェンジャー、プラグ、窒素ガスは別売品です。