トップメッセージ

持株会社体制のもと、さらなるグローバル成長のため、
挑戦と改革に取り組んでまいります

代表取締役社長 山本満也

当社は、2015年4月1日、さらなるグローバル成長を実現していくために、持株会社体制へ移行し、商号を「サンデン株式会社」から「サンデンホールディングス株式会社」に変更いたしました。


1943年創業以来、一貫して皆様のためになる良い製品をつくるため、国内外に事業活動を展開しています。

自転車用の発電ランプから始まり、時代とともに業務用冷凍・冷蔵ショーケース、自動販売機、カーエアコン用コンプレッサー、カーエアコンシステム、住環境システムと製品開発をすすめ、現在では世界中の一流のお客様にお取引いただいております。

当社は、「グローバル力と品質力を基礎に環境をコアにして次の成長を果たす」という経営方針のもと、長年取り組んできた当社独自の全社的品質改革活動STQM(Sanden Total Quality Management)により築き上げてきた「品質力」と、23カ国・地域/54拠点の「グローバル力」を基礎に、「環境」をコアに技術開発と社会貢献を通じて、事業の成長および地域社会の発展のため、日々邁進しております。

地球環境問題は全世界の共通の大きな課題です。今後も持続可能な社会の構築に向け、そしてかけがえのない美しい地球を次の世代の人々に引き継ぐために、当社はあらゆる面で配慮して行動しなければならないと考えております。

当社のビジョンである「グローバル・エクセレント・カンパニーズ」の実現に向け、

グローバル全社員が一丸となって、世界中のお客様に満足される魅力のある製品、システム、サービスを提供してまいります。

今後もより一層のご支援ご鞭撻を賜りますよう、よろしくお願い申し上げます。